CMNET BLOG

CMねっとのブログ

様々なホームページの種類とデザイン

2022年08月02日 Comment(0)

こんにちは!ウェブエンジニアの河野です!
暑い日が続いて、出かける気力が削られますね…

私は、涼しくなったら日向市の観光名所である馬ケ背に行きたいと思っています。
4月に日向岬馬ケ背展望所がリニューアルオープンして、展望スペースの床がガラス張りになっているとのことです!
皆様もぜひ、日向の馬ケ背へ足を運んでみてください。宮崎のきれいな海を一望できますよ!

 

 

さて、今回はホームページの種類とデザインについてお話ししたいと思います。
世の中には様々な種類のホームページが存在しますが、今回はよく目にする「コーポレートサイト」「ECサイト」「ランディングページ」についてご説明させていただきます。

 

ホームページの種類と役割について

コーポレートサイトとは?
コーポレートサイトとは、企業のホームページのことを言います。
主に会社案内、製品やサービスの紹介をメインに、「何をしている会社なのか」「どんな会社なのか」を広報するためのホームページになります。

ECサイトとは?
ECサイトとは電子商取引サイトです。
インターネット上で商品やサービスを販売することを目的としたホームページになります。
実店舗がなくてもオンライン上で商品を販売することができるので、場所を選ばず、全国・世界中のユーザーに商品を購入してもらうことが可能です。
また、ホームページ自体がお店であることから、オンラインショップやネットショップとも呼ばれています。

ランディングページとは?
ランディング(landing page)ページとは、直訳すると「着地するページ」といいます。
サービス・商品の売り上げアップを目的としたホームページで、ウェブ検索や広告などからの訪問者が、最初に閲覧することになるページです。
「お問い合わせ」や「注文」といったコンバージョン(成果)に特化したページ構造を持ち、商品やサービスを初めて知るユーザーでもその場でアクションを起こしてもらえるように、特徴や魅力だけでなく、ユーザーの声や料金プランなども盛り込まれたりします。

 

 

コーポレートサイトのデザイン

自社を紹介するコーポレートサイトは、「会社の顔」といっても良いのではないでしょうか。
そのため、どんな会社なのか、どのようなサービスや商品を扱うのか、企業のこだわりや特色などをわかりやすく、伝わりやすいデザインにすることがとても重要です。

CMねっとでは、企業の情報を整理することはもちろん、コーポレートカラーを中心にした配色やコンセプトにあったデザインで制作します。
使用する写真も、例えば「技術・信頼」重視ならプロフェッショナルな雰囲気の写真、「親しみやすさ・安心感」重視なら社員さんの笑顔の写真を載せることでイメージが伝わりやすくなります。

また、コーポレートサイトは求職者から、必ずと言って良いほど閲覧されるため、企業の魅力や雰囲気が伝わるデザインはとても重要といえるでしょう。

 

ECサイトのデザイン
ECサイトは、「購入」というはっきりした目的があるため、情報がわかりにくい・商品が選びにくい・商品のイメージがわかりにくいなどの、ユーザーの購買意欲を削ってしまう障害をできるだけ取り除く必要があります。
他の種類のホームページでも言えることですが、ユーザーが訪問して最初に見る画面が退屈だったり、わかりにくいページでは、すぐにページから離れて行ってしまいます。
それを防ぐためには、セール案内や推したい商品のピックアップなどで、訪れたユーザーの目を引き、単純な操作で商品ページまで誘導します。

移動した先のページでも、情報は簡潔にわかりやすく、購入後の利用イメージを想像できるような写真を配置することも重要です。
ユーザーが購入を決めてからも、カートボタンのデザイン一つで売り上げが左右されます。
購買意欲を刺激するデザインやカラーを意識して設置し、カートシステムでは、購入完了までストレスなく進めるように、分かりやすくデザインすることがとても大切です。

 

 

ランディングページのデザイン
ランディングページは、ページ一つでコンバージョン(お問い合わせ・売上などの成果)を獲得することに特化したホームページです。
閲覧者に商品・サービスをアピールできるように、キャッチーなコピーや魅力が伝わる文章はもちろん、イメージが湧くようなシーンの写真を積極的に使用します。
また、商品・サービスで得られるメリットやどんな悩みが解決するかなども盛り込み、時には分かりやすく大胆なデザインで、「訴求力」に主眼を置いたデザイン制作を意識しています。

また、ランディングページは他のページへのリンクが極端に少ないのも特徴です。
ページを移動する必要がなくなる事から、閲覧者の離脱を防ぎ、お問い合わせや注文フォームなどに辿り着く可能性を高めて、コンバージョン率の向上を図ります。

 

いかがでしたでしょうか?
このように役割の違いのあるホームページですが、それぞれ目的達成をするものでないと意味がありません。

ここで言うそれぞれの目的達成というのは、


コーポレートサイト
企業ブランド力の強化商品・サービスへのお問い合わせ採用エントリーの効果がアップ

ECサイト
商品の売り上げがアップ

ランディングページ
コンバージョン率(お問い合わせ・売上などの成果)がアップ

などがあげられます。

CMねっとでは、ホームページのデザインはもちろん、企業様の目的達成につながるホームページを制作することを一番に考えています。
私も一制作者として、幅広い種類のホームページの役割を最大限に生かせるように、最新の技術やトレンドを日々インプットしていきたいと思っています!

コメント

コメントをどうぞ

このブログについて

宮崎県延岡市のウェブ制作会社「株式会社CMねっと」です。
「お客様のビジネスに貢献する」という視点でウェブサイトを制作しています。
このブログでは、ウェブの活用方法や、ウェブでできることなどを発信していきます。

月別アーカイブ

株式会社CMねっと
公式アカウント

ブログを購読

スマホ表示